2017年02月26日

横浜「セラヴィ」

横浜のテミヤンがブロデュースした「セラヴィ」というライブハウスで、山家さんが企画したライブに出演した。
出演したのは、「TocoJones」,「GentleDog」,「SafetyBrothers」の3バンドで、僕は2番手の「GentleDog」で出演。

20170226-01.jpg


久し振りにKORG-SV1とHAMMONS-SK1に、ROLAND-KC500(アンプ)というフルセット。
店はギターを含めて、すべてマイクで音を拾ってPAから出すという「本格的」なライブハウスだったのだけれど、そういう状況でも自前のキーボード・アンプで中音が作れるというのは安心できる。

「GentleDog」も鈴木司さんを入れたフルセット。
後で気付いたのだけれど、これが「GentleDog」として今年初のライブだった。
1ステージなので、たっぷり演奏したという感じはしなかったけれど、気合いの入ったいい演奏が出来たのではないかなと思う。

写真は共演の「TocoJones」と「SafetyBrothers」。

20170226-02.jpg

20170226-03.jpg


「SafetyBrothers」のスヤスさんとは久し振りの再会でした。
キーボードはエルトン永田さんと言う、以前新橋のダディ竹千代さんの店に出た時にお会いした方で、またまたキーボードを貸す羽目になりました。

「セラヴィ」はPAもしっかりしているし、落ち着いたいい感じの店だったので、機会があったらまた出演してみたいハコでした。
何よりも家から近いというのが楽だし(^^;
posted by Dr.Haruki at 23:59| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

再びオジサンチへ

平塚で高橋さん率いるSugarBluesBandのリハがあった。
SugarBluesBandはベースが山田君(あっちゃん)という若手ベーシストに交代して、もう既に年末にふたつのライブを新ベーシストでこなしているのだけれど、僕はお休みしていたので今日が初対面となった。

リハの後、「オジサンチ」に「もっちー」のバンドが出るというので、高橋さん,山家さん,中西さん,僕の4人で茅ヶ崎まで出掛けて行った。
横山さん,大久保さんもやって来て、いつもの顔ぶれが揃う中、アットホームな感じでライブは始まった。

2017-02-05-01.jpg

2017-02-05-02.jpg



「オジサンチ」でのライブは、どのバンドも小規模な編成となる。
もっちー達もギター,ベースに、ドラムはスネアとハイハットだけというシンプルな編成だ。
こういった「大きな音を出さないで少人数で演奏する」というのは、お互いの音がよく聞こえるし、楽器の細かいニュアンスも伝わりやすく、ミスもごまかせないので、実はとても勉強になるのだ。

考えてみると最近はあまり「人のライブ」に顔を出す機会がなかったので、久し振りに「お客さん」としてライブを見た気がする。
まあ、リハ帰りで楽器を持っていたので、最後にはセッションに参加したんですけどね(^^;

バンド仲間達と美味しいお酒と料理を楽しめたし、久し振りに大久保さんに会えて話も出来たし、有意義な一日でした。
posted by Dr.Haruki at 23:59| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

ジャイアン,ドクター&カメの始動

実は去年の暮れに母が急逝した。
突然のことで心の準備が出来ておらず大変だったのと、その後、色々と忙しかったこともあり、年内に予定されていた3つのライブは欠席させて頂いていたのだけれど、年も改まり、今日からライブ活動を再開することにした。

今年のライブの幕開けとなったのは、茅ヶ崎「オジサンチ」での3つのアコーテスック・ユニットのライブだった。
まず、最初に登場したのは井口君率いる「Little Pals」。

20170114-01.jpg


これは「Western Pals」というバンドのアコ版。
ドラムもスネアだけでの編成だ。

続いて「Tosh & Kom」。

20170114-02.jpg


こちらは、ご存じ「ムーバーズ」の中のふたりがアコで演奏するスタイル。

そして最後に我々「ジャイアン,ドクター&カメ」が演奏した。

20170114-03.jpg


このユニット、ジャイアン&ドクターにパーカションを加えたユニットだ。
ジャイアン&ドクターは、テンポを自由に演奏する「ルバート」を使った曲が多いのだけれど、そこに敢えてパーカションを入れたいというのが僕のかねてからの思いで、最近知り合ったドラマーの亀井さんがパーカッションもこなすことを知ったので参加して貰ったのだ。

お馴染み完全ルバートの「ジョージア」,「空に星があるように」から、ルバート部分の多い「フレンチシネマの憂鬱」と言った曲も、亀井さんは器用にかつ効果的にパーカッションを入れてくれた。
そして「横浜ホンキトンク」「Wesが聴こえる」といったオンテンポの曲ではパーカションの本領を発揮。
初公開した「月の沙漠」の斬新なアレンジにも亀井さんは積極的に挑戦してくれた。

いつもはエレキで活動している人達による3つのアコースティク・ユニットは、それぞれに特徴があり、実力者揃いということもあり、楽しいライブになったと思う。
「ジャイアン,ドクター&カメ」も、パーカッションが入って表現力の幅が広がり、ますます独創的なユニットになって来た気がする。

どう発展して行くか楽しみなユニットだし、今後は色々な所に顔を出すと思うので、よろしくお願いします。
posted by Dr.Haruki at 23:59| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月03日

12月のGentleDog

GentleDogで平塚「サドカフェ」に出演した。

20161203-01.jpg


今回もワンマン・ライブで、開演前から立ち見のお客さん続出の、大盛況のライブとなった。

僕は珍しく、KORG-SV1ではなくROLAND-RD64とHAMMONDの組み合わせ。
今回のセットリストではエレピ音よりもピアノ音を使う曲が多かったために、ピアノ音がより綺麗なRD64を選んだ訳だ。
後で録音を聴いた反省点は、RD64は音が綺麗過ぎてバンドの中では埋もれてしまったということ。
ただ、演奏全体としては身内から「とても良かった」と好評を頂いた。

第2部ではペコちゃんをメインに迎えて4曲ほど演奏した。

20161203-02.jpg


大勢のバンド仲間も聞きに来てくれて、楽しいライブとなりました。

ライブが終わってから、集合写真を撮ろうということになり、ステージ上で1枚。

20161203-03.jpg


あまり集合写真がないので、この写真もこれからあちこちで使うことになるかも。
posted by Dr.Haruki at 23:59| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

ムーバーズとのジョイント

平塚「サドカフェ」に高橋さん率いるシューガー・ブルースバンドで出演した。
この日のメインアクトはムーバーズだ。

20161119-01.jpg


キーボードの根子さんが、僕の持っているKORG-SV1の色違いの楽器を持って来ていたため、その上にハモンドを2段積みして、キーボードのセッティングは変えずにふたりで使うことにした。
根子さんは普段ハモンド単体は弾いていないのだけれど、さすがにハモンドの特質(ドローバーやロータリーの使い方)をよく理解していて、ハモンドに長けた感じの演奏を披露してくれた。

ハモンドはずっと同じセッテイングで弾いていると単調になってしまうので、細かくドローバーやロータリー・スピードやコーラスを切り替えないといけない。
根子さんはその辺りのことをよくわきまえている人だと思った。

ベースの小宮さんは、普段聞いたことのない曲を色々と披露してくれて、聴き応えのあるステージだった。

さて、シューガー・ブルースバンドは、ムーバーズの2ステージの間に挟まって出演する形となった。

20161119-02.jpg


実はひとつ事件が起きた。

ハウンドドッグをニューオリンズのリズムで演ることになっていて、ドラムの中西さんに「セカンドラインのリズムで」とお願いしていたのだけれど、中西さんがドクター・ジョンの「アイコアイコ」に近いリズムで始めてしまったのだ。

確かにセカンドラインには違いないのだけれど、このリズムでハウンドドッグを歌うのは難しい。
どうなることかと思ったら、高橋さんはやりにくそうにしながらも、なんとか最後まで「アイコアイコ」のリズムでハウンドドッグを歌い切った。
いやぁ、久し振りにドキドキしました。

実はベースのエイちゃんが、仕事の都合でシューガー・ブルースバンドで活動することが難しくなって来たため、エイちゃんのベースは今日が最後となる。

新しいベーシストについては、またライブの時にご紹介します。
posted by Dr.Haruki at 23:59| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

新バンド「クリープ」

小田原の「リーマンズ」という店に、新バンド「クリープ」で出演した。
実は、10月9日に平塚「サドカフェ」で行われた、クロスロードのパーティ・ライブにも「クリープ」は参加していて、僕を入れたメンバーではそれが始めてのライブだったのだけれど、その時の写真がないのでブログには書いていなかったのだ。

今回も演奏している写真はないので、セッティングの時の写真を(^^;

20161112-01.jpg


「クリープ」というのは、こんなメンバーだ。
 ・戸塚さん:ギター,ボーカル
 ・今井さん:ベース
 ・亀井さん:ドラム,ボーカル
 ・僕:キーボード
今井さんは戸塚さんの昔の音楽仲間とのこと。
デレク&ドミノスのナンバーを中心に演奏した。

今回のライブは、「MOJONS」というバンドの対バンという形でセッティングされたもので、お店には機材がなかったので、ドラムセットからPAから全て持ち込み。
お店もそんなに広くはないので、「MOJONS」のゲストでいっぱいだったのだけれど、まあ、家庭的な感じののんびりとしたイベントとなりました。

と言う訳で、このメンバーで色々な所へ出る機会があるかも知れないので、よろしくお願い致します。
posted by Dr.Haruki at 23:59| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

大盛り上がりの夜

平塚「ファニー・サンセット」のライブにGentleDogで出演した。

20161023-01.jpg


7月にNANA&金山バンド他とのブッキングライブを行ったのだけれど、その流れで、今回はNANA&金山バンドとブルデラの井口君率いるバンドとの競演だった。

実は僕はこのライブの2日前に目眩で倒れてしまい、救急車で病院に搬送されるという事件があったため、当日の事前リハには参加せず、ぶっつけ本番で臨んだのだけれど、幸いに目眩は再発せず、何とかステージを勤めることができた。
倒れた時は血圧が200まで上がっていて、もう入院覚悟だったんですけどね(^^;

店内は立ち見も出るほどの大盛況で、最後には井口君やモッチー,ペコちゃんも参加しての大合唱となり、演奏している側もびっくりするほどの大盛り上がりで幕を閉じた。

GentleDogとしては「ファニー・サンセット」へは2回目の出演となる訳だけれど、「サドカフェ」同様、今後も出演の機会が増えて行く気がする。
posted by Dr.Haruki at 23:59| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

藤沢市民祭り

GSバンドの「レトロサウンド」で藤沢市民祭りのステージに出演した。
僕はこの日、ハモンドではなくショルダー・キーボードlucinaでの参戦。

20160924-01.jpg


と言っても、肩からぶら下げて弾いたのではなく、写真のように椅子に座って膝の上に乗せて弾いたのだ。

20160924-02.jpg


lucinaは電池駆動が可能なので電源も要らず、音はPAから、椅子は現地調達。
要するに、電車移動だったので究極まで荷物を減らしてみたのだ。
この「lucinaを膝に置いて弾く」スタイルは初めてやってみたのだけれど、椅子が充分に低ければ(よくあるパイプ椅子くらいなら)、まったく問題ないことがわかった。

見た目はどうか分からないけれど、ポータビィリティが要求される場面では使える選択肢だと思う。

実はそう言いつつも、僕はこのステージを最後に「レトロサウンド」を離れることとなった。
詳細については、いずれ機会があったら書こうと思うけれど、「レトロサウンド」のメンバーの皆様、今までありがとうございました。
posted by Dr.Haruki at 23:59| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

ピアノ・デュオ2組のジョイント

茅ヶ崎の「コロヘスタイル・オジサンチ」で、ドクター&ジャイアン,ペコ&ベーダーのジョイント・ライブが行われた。

「コロヘスタイル・オジサンチ」というのは、音道バンドで活動していた頃によく行っていた、「パーキキ・モナ」等のハワイアン系バンド仲間の活動拠点だった「オジサンチ」を、「ファニー・サンセット」のオーナーが引き継いで開店させた店だ。

店が変わってから初めて行ったのだけれど、「オジサンチ」の雰囲気をそのまま残す、僕らにとっては懐かしい場所でのライブとなった。

ドクター&ジャイアンとペコちゃんとのジョイントは今回が初めて。
ペコちゃんが、バンドでも弾き語りでもなく、僕と山家さんのようにピアノ・デュオでも演ることがあるというので、「ピアノ・デュオ2組のジョイント」という企画となったのだ。

20160918-01.jpg


ペコちゃんのユニットは「P4」というのがユニット名で、今日は前半だけ「ジャノミチ」の人がサポート・メンバーで参加した。

僕はペコちゃんの歌をじっくり聴くのは今日が初めてで、ふだんセッションで歌っている感じから、洋楽専門の人だと思っていたのだけれど、日本語の歌やオリジナルなどもしっとりと歌う人だということを知った。

ベーダーというのは、米田菜穂さんという方で、確か「米田村」とかいうユニットで活躍されていた方だったかな?
ライブ慣れした、きちっとした演奏をする方でした。
ライブが終わった後、色々と話をしていたら、僕の昔の音楽仲間が作った「ホワイトハウス」というリハスタを知っていたり、思わぬ接点が見つかって大いに盛り上がりました。

20160918-02.jpg


僕と山家さんは、例によってリハなしのぶっつけ。
少し僕の個人練習不足感はあったけれど、「きちっと決めたことをやる」ペコちゃんのユニットと、「成り行きにまかせて演奏する」ドクター&ジャイアンの対比は、面白かったんじゃないかな?

今日は、ペコちゃんのユニットからは色々なインスピレーションを貰ったり、久し振りに88鍵のYAMAHA-CP33も弾いたり、急遽、店のPAではなく持ち込みPAで全て音出しをしたり、たくさんの仲間が駆け付けてきてくれて盛り上がったり、店の料理がとても美味しかったり、とにかく楽しいことが盛りだくさんの夜となりました。

当然、またこの組み合わせでライブをやろうということになりました。
今後の「ピアノ・デュオ2組のジョイント」をお楽しみに。
posted by Dr.Haruki at 23:59| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月17日

2台目のJUNO

新しいキーボードを衝動買いしてしまった。

20160917-01.jpg


ROLANDのJUNO-DSだ。
実は2世代前のJUNO-Dというのは持っていて、先日SugarBluesBandのリハに持って行ったのだけれど、軽くてとても楽だったので、「背負って持って行く時はJUNOの方が楽だな」ということで、最新機種を買うことにしたのだ。
「HAMMOND-SK1があるじゃないか」という声が聞こえて来そうだけれど、HAMMOND-SK1が7kg,JUNO-DSが5.3kg……この1.7kgの差は、数時間背負って歩かなければいけない場合には、とても大きな差だ。
(自分が1.7kg痩せればいいという話もあるが……)

勿論、こういったライト・シンセに多くのものを要求してはいけない。
ハモンド音はクリック・ノイズや歪みも含めてサンプリングしたもので、表情の変化がないし、ピアノ音やエレピ音には深みがない。
キータッチは語る必要もないほど問題外。
けれど、そういった全ての欠点を補う唯一の長所が「軽いこと」だ。

バンドの中で音を出した時にどうなるか、とりあえず、来月のクロスロードのパーティで使ってみる予定だ。
posted by Dr.Haruki at 23:59| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする